プロミス 遅滞連絡

プロミスへの遅滞連絡は必要?

借りたお金を返す返済日に何らかの事情で
返済ができなかった場合は、すぐにでも遅滞連絡をした方がよいです。

 

返済日に返済できなかった場合は、各事業者で契約時に定められた
遅延損害金利率に基づいて遅延損害金が発生するだけではなく
借りている人の信用情報にもかかわります。

 

信用情報いかんでは、次にお金を
借りることもできなくなってしまう恐れがあります。

 

遅滞連絡をしたところで、遅延損害金利率が下がったり、
遅延損害金が下がることはありませんが、信用情報の為に、早急に連絡を入れておく必要があります。

 

次に、返済日を忘れてしまう場合の対応ですが、
返済日お知らせメールを活用するとよいでしょう。

 

これは、事前にメールアドレスを登録することで、
返済日付近になれば、返済日お知らせメールが届きます。

 

返済日に間に合わないと、最終的に自分の首を絞めることになるので、十分に注意が必要となります。

 

 

プロミスやその他の消費者金融から督促状が届くことってありますか?

 

消費者金融などの利用で、返済が行われなかった、
または大幅に遅延するという金融事故を起こした場合、すぐに督促電話がかかってきます。

 

督促電話やはがきがきても放置してしまうと、
債務の返済を求める督促状が、ある日突然届くケースもあります。

 

督促状には、消費者金融から債務譲渡を受け、
支払いを請求するとかかれているケースが多く、
債権回収会社が督促状を請求する場合があります。

 

金融事故を起こした場合、個人信用情報機関に
延滞していた情報がかれているため、今後融資できないと判断されてしまいます。

 

個人信用情報機関は、クレジットカードやローンなどの借り入れ時に利用されるものなので、
これから住宅ローンをくむ場合などには、きちんと返済しておく必要があります。

 

返済が難しい場合には、弁護士を立てて分割払いの要求をしたり、
自己破産の申し立てを行う場合もあります。消費者記入には弁護士が連絡をすることになります。